【タイミングと依頼方法を知る】リフォーム依頼の基礎知識

男の人

リフォームをするタイミング!

東京でも名古屋でもリフォームするタイミングは人それぞれです。玄関リフォームを例にして説明すると、玄関ドアが開きづらい、カギが入りにくいといった突発的な場合と老後のために玄関をバリアフリーにしておこうという場面など、様々なタイミングで依頼されます。リフォーム=不便を解消するという考えをする方が多いです。

リフォームを依頼する方法

リフォームの依頼方法はクロスの張り替え、ガラス修理など殆どの依頼方法と同じ流れが多いです。問い合わせをして、見積もり、それから施工して支払いという大きな流れがあります。

リフォーム依頼後の注意点

リフォーム施工が終了したら、注意してほしいことがあります。それはチェックをすることです。理由としては、フロアコーティングの技術が高く評判のあるグッドライフでも人が行うためミスがある場合もあります。ガラス交換をした場合も、隙間風がないかどうか調べておきましょう。何件も回ってリフォームをされる業者も多いです。機械ではなく人の力が多いため、こういったミスがあると、すぐに連絡をしてください。

リフォーム箇所で多いランキング

no.1

フローリング

家の劣化はフロアから始まると言われます。理由として、年がら年中、フローリングの上を歩くからです。常に摩擦が起きているため、コーティング剤が剥がれている所から劣化が始まるため、早めにリフォームをすることをオススメします。

no.2

玄関周り

玄関周りは幸せの入り口とも言われます。そのため、綺麗にすることで運が入ってくるなんてことも言われています。玄関リフォームはドアやバリアフリーにする他に、靴箱の無駄なスペースを有効スペースに変えるといったリフォームもありますよ。

no.3

家の周り

外観で家の雰囲気がわかります。そのため、ひび割れやガラス、塀などを綺麗にリフォームするケースが多いです。ですが防犯対策にも繋がるため、家の周りのリフォームも大事です。

no.4

バスルーム

毎日利用する風呂、湿気でカビが生えたリ、掃除しにくいタイルだったりすると掃除もイライラ、バスタイムもイライラしてしまいます。なので気持ちよく入ってもらうためのリフォームが多いです。ちなみに老後のための滑りにくいタイルに替えるリフォームも多いです。

no.5

クロス張り替え

どんなに拭いても汚れるのがクロス。フローリング同様に家の印象を決める重要な箇所です。自分でも行える作業ですが、失敗したら面倒なので業者に依頼しましょう。

依頼はスムーズに!

依頼するときは、伝えるべきことを先に伝えることでスムーズな依頼の流れにすることができます。下記ではどんなリフォームでも必ず聞かれる内容を紹介しましょう。

リフォーム依頼で業者に伝えること

  • 名前
  • 住所
  • 連絡先
  • 現地見積もりする日
  • リフォーム箇所
広告募集中